豊岡亀城ライオンズクラブ

会長方針

2018年度豊岡亀城ライオンズクラブ会長方針

 

会長テーマ 『    』

2018年~2019年会長テーマ「 食 」

 今、私たちは苦労なく毎日食事をしています。メンバーの中には、戦後の食糧難の時代を経験された方もおられることと思います。私自身、食事に苦労した経験がありません。世界を見ると餓死による死者が8億500万人(世界食糧農業機関発表)一日4万人です。日本においてもデータは古いですが、餓死者が45人(2011年厚労省統計)おられます。餓死には至らなくとも児童虐待により毎日の食事ができていない子供たちも少なくありません。

また、メンバーの中に経験者がおられますが、「阪神淡路大震災」「東日本大震災」「熊本地震」・台風による天災にみまわれた時、まず「水」「食べ物」の確保が一番重要視されます。防災においても三日間の食事を自主的に確保することを奨励しています。そこで今一度「食べる」ことについて見つめ直してみたいと思いこのテーマといたしました。

 
1.例会運営
 テーマとしました「食」にこだわる例会にしたいと思います。
通常例会においては、旬の食材にこだわった食事。
特別例会においては、メンバーの記憶に残る食事。
 
2.奉仕活動
 「食」に関連するアクティビティーの企画。
たとえば、子供食堂の支援。高齢者への食事支援。
 
3.委員会活動
 新しい枠組みでのスタートとなります。委員会内で意見交換をしていただき、活発な活動をお願いいたします。
 
4.会員増強
 メンバーの年齢構成もバランスが取れておりますが、今後のことを考えると2名の新入会員を目標とします。

 

 以上ご理解いただきご協力よろしくお願いいたします。


izuka2018.JPG

第42代会長 伊塚 幸央